伊良湖岬灯台
渥美半島>伊良湖岬灯台

伊良湖岬灯台(いらご)

伊良湖岬灯台は、渥美半島の先端に立ち、太平洋から伊勢湾、三河湾をの望む姿は “日本の灯台50選” に選ばれています。
ここからは、三島由紀夫の小説 “潮騒” の舞台となった神島(かみしま・三重県鳥羽市)がよく見えます。また、伊良湖水道は名古屋港へ入港する船舶が通過しますので、それらをながめていても楽しいものです。 たまに「飛鳥」等の豪華客船も通ります。
撮影スポットとしても人気のある場所です。夕陽を浴びた灯台は絶景ですので、是非カメラに収めてくださいね。(灯台の中へは入れません)

伊良湖岬灯台

伊良湖岬灯台は恋人の聖地と言われています。灯台下の一番海側に立って、三重県側の神島(かみしま・恋人の聖地)に向かって願掛けするのだそうです。伊良湖岬灯台の真横に夕日が沈むのを見たら、最高ですね。

伊良湖岬灯台から恋路ヶ浜にかけての海岸風景

恋路ケ浜(こいじがはま)海岸

伊良湖岬灯台へのアクセス

田原市伊良湖町古山
東名豊川ICより車で約90分、恋路ケ浜(こいじがはま)駐車場より徒歩10分

Sponsored Link
渥美半島紹介
渥美半島グルメ
渥美半島情報
リンク
Copyright© 渥美半島.com 有限会社人の森. All rights reserved.