蓮池(通称)、神戸大池水辺公園(かんべ)
渥美半島>蓮池(通称)、神戸大池水辺公園(かんべ)

蓮池(通称)、神戸大池水辺公園(かんべ)

田原市神戸町(かんべちょう)に通称、蓮池と呼ばれている神戸大池水辺公園があります。その池には蓮が群生しており、花の時期には大輪の可憐な花が一面に咲き誇り、花が終わると折れ曲がった枯れ茎が、不思議な幾何学模様を描き出します。一年を通じて楽しめる公園です。それらの写真はまた掲載する予定です。

この写真は8月末で、花が終わりかけています。見ごろは7月から8月中旬の午前中です。夕方にはしぼんでしまいます。池の中央には鳥が餌を狙ってじっとしています。このような鳥は、縄張りがあるらしく、一回見かけたら、ほとんど同じ場所に来るので、写真に撮りやすいのです。

蓮池と鳥

駐車場の左1番が人道橋、2番がバーゴラ(つる棚)3番が八橋、4番が東屋、5番が釣りデッキで、園周は柔らかな材質の歩道になっていて740Mあるそうです。この日は近くの学校の陸上部の生徒が練習をしていました。

蓮池看板

これがバーゴラのある場所です。右手が池で、蓮の花が咲いている風景を想像してみてください。

バーゴラ

奥の人道橋部分では、水辺の生き物の観察ができます。この日はジャンボタニシの卵や、糸トンボ、蜘蛛、シジミチョウやカエルなどがいました。小さな子供だけでは危ないかもしれませんが親子でなら、自然観察にもってこいの場所です。歩道にはところどころ絵が埋め込まれています。名前が入っているので、その部分は踏まないように歩いてあげてくださいね。

蓮池の絵
神戸大池公園の絵
蓮池の絵

神戸大池水辺公園へのアクセス

神戸大池水辺公園の地図

Sponsored Link
渥美半島紹介
渥美半島グルメ
渥美半島情報
リンク
Copyright© 渥美半島.com 有限会社人の森. All rights reserved.